東京都新宿区の税理士事務所。会社設立、起業相談、税務、会計、など、大竹&パートナーズ税理士事務所へお任せ下さい

メイン画像

Home ≫  個人の方の青色申告

個人の方の青色申告

独立開業をして個人事業を開始する場合の「青色申告」について、説明します。

個人として事業を始める場合は、法人登記のような手続きはありませんが、開業にあたって提出する書類があります。

その内、税務署への主な提出書類は、「開業届け」(個人事業の開廃業等届出書)と「青色申告の届出」(所得税の青色申告承認申請書)です。

「青色申告」とは聞きなれない言葉ですが、これは確定申告の際の処理方法です。
確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の二種類があり、どのように違うかといえば、青色申告にすれば、記帳は面倒になりますが、税金面では優遇され、節税ができます。
白色申告には、記帳義務はありません。

青色申告と白色申告の違い

 白色申告(控除なし)青色申告10万控除青色申告65万控除
届 出不 要期限内に届出必要期限内に届出必要
申 告 期 限期限後でもOK期限後でもOK期限内に提出
記 帳 方 法記帳義務無し
(現実的におこづかい帳程度は必要)
簡易簿記
(おこづかい帳程度でOK)
複式簿記+貸借対照表+
損益計算書
優 遇 措 置な し・特別控除10万円・特別控除65万円
・青色事業専従者給与が使える
・赤字が出たら3年間繰り越せる  など

白色申告には、帳簿などが不充分な場合には、税務署に所得を推計されて課税されるというリスクが伴います。
税務調査で高額な課税をされても文句をいうことができない仕組みになっていますので、是非、青色申告をお勧めします。

10万円控除か65万円控除か

青色申告の届出後、特別控除の10万円か65万円かのどちらを受けるかの選択ですが、(届出時に選択しなくても大丈夫です。)所得が高い方ほど、影響が出ますので、会計ソフトなどを使用し、65万円の控除を目指してはいかがでしょうか?

仮に所得が200万円とした場合、税率は所得税5%(※)、住民税10%ですので65万円-10万円=55万円の所得の差により、
55万円×15%=82,500円
の税金の差が出ます。

(※)所得税は、所得が高い人ほど税率も高くなるので(5%~40%)
所得が高い方ほど、65万円控除の意味が大きくなります。

仮に、所得がでず、赤字になったばあいでも青色申告を選択すれば赤字の繰越ができますので、とりあえず、青色申告を選択し、所得が増えそうなら、もしくは、余裕があれば、65万円控除にチャレンジ するのがお勧めです。
青色申告で一緒に頑張っていきましょう。

お問い合わせ