東京都新宿区の税理士事務所。会社設立、起業相談、税務、会計、など、大竹&パートナーズ税理士事務所へお任せ下さい

メイン画像

Home ≫  業務案内

業務案内

法人・個人のお客様に対し、下記のような業務をご提供しております。

line

税務・会計業務のご案内

毎月(もしくは定期的に)試算表を作成し、会社の状況をご説明します。
急な金融機関からの借入れ用にも対応いたします。

税務・会計業務のご案内

決算日から2ヶ月以内に税務署、都税事務所等へ提出する決算申告書を作成・提出致します。 決算のみをご希望の方もお受けしております。

税務・会計業務のご案内

1年分の所得を計算し、翌年3月15日までに、税務署に提出します。

税務・会計業務のご案内

税金は、事前の対策により減らすことが可能ですので、随時ご提案させていただきます。

税務・会計業務のご案内

毎月の給与、賞与の計算から年末調整まで対応します。 (※)役員給与は、改定時期や支払方法によって、税務上は損金(費用)と認められない場合が    ありますので、事前にご相談ください。

税務・会計業務のご案内

税務調査に耐えうる会計処理のご提案をさせていただきます。 また、調査の際はお客様に安心していただけるように立会い、会社に代わって きちんと意見を述べさせていただきます。

税務・会計業務のご案内

※ 詳細につきましてはお問い合わせください。

line

経営者の方は、本業でお忙しいし、経理が専門ではないので、細かな知識まで必要だとは思いません。
でも、税務・会計といった管理業務をおこたってしまいますと、適切な経営判断ができなくなってしまいます。
しかも、個人・法人を問わず、各種帳簿の作成や、税金の申告や納付は義務となります。

税金の申告業務は税理士に依頼するとしても、日々の伝票の整理も税理士に任せた方がいいのでしょうか?
以下、メリットとデメリットをまとめてみました。

税理士が記帳代行をおこなうメリット

1. 本業が忙しくて、経理のことを考える余裕が全く無い場合は、税理士に任せることができ、精神的に楽になる。

2. 経理担当者を雇うコストや、会計ソフト導入のコストが不要

本業で手一杯だから、税理士に任せたいという方。
会計ソフトでの入力の時間も惜しいという方。
ご安心ください。低コストで記帳代行させていただきます。

税理士が記帳代行をおこなうデメリット

1. 試算表の報告が遅れるので、儲かっているのか損しているのかタイムリーに分からない。
  そのため、思わぬ税金を払うなどの結果になる。

2. 処理を税理士任せにすることにより、経営者の方に知識が身につきにくく、過去、現在の数値も記憶に残りにくい。

3.税理士に払う費用が高くなる

現在は、会計ソフトも低価格になってまいりましたので、ソフトを導入すれば、難しい知識がなくても、時間も費用もあまりかけずに、自社で経理処理をすることも可能です。
こちらでは、「弥生会計」ソフトを、仕切り価格で販売しております。
是非、ご相談ください。

その他の業務

上記以外にも、個々のお客様のご要望に応じたサービスができますよう、心がけております。

税務・会計以外の分野(弁護士・司法書士・社労士・生命保険会社など)についても、信頼できる専門家をご紹介させて頂くことが可能です。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ